愛犬のための旅プランーペットと泊まれる宿ホーム
ペットと泊まれる宿 ペット連れ専門宿 露天風呂のある宿 ドッグランのある宿 貸切露天風呂の宿 コテージ・貸別荘 新規オープン宿
   ペットと泊まれる宿ホーム >愛犬のための旅プラン
      


       愛犬のための旅プラン

犬は移動することが大好きなので、適応力のある子犬の時から、車に慣れさせることが大事です。
家族と一緒に楽しい旅が出来るように常日頃の訓練をして、家族全員で旅に出かけましょう。
ワンちゃんと一緒に楽しい旅行するために万全の計画のプランを立てましょう。
ワンちゃんと楽しい旅行にするためには、あまり、あれもこれもと欲張らず余裕の計画が肝心です。
犬の体調への配慮も欠かせません。犬は車酔いがしやすいから、人間と一緒で、満腹でも
空腹でも酔いやすくなるため、乗車の数時間前に適度に食事をさせると良いです。
ペット用の酔い止め薬もあるから準備するのも良いでしょう。

家族旅行のマイカーが行き交う道路で、車の窓から身を乗り出し、風にふかれて気持ち良さ
そうにしているワンちゃんを良く見かける。だが、このような事は、犬が運転の邪魔をしたり、
急ブレーキで怪我をする恐れがありますから、座席などに固定することが大事です。
また車内の窓をあけて、風通をよくしましょう。1〜2時間をめやすに、パーキングエリアなどで
休憩をとってあげましょう。旅行の日程によって計画も異なります。
一泊二日にするか、二泊三日以上にするかで片道の距離が違ってきます。
一泊二日にする場合、宿泊する場所までの所要時間を考えましょう。途中で休憩時間を入れても
片道3〜4時間にしておきたいものです。無理をせずに、宿でゆっくり過ごす時間をとってあげ
ましょう。
全国サービスエリアを運営するハイウェイ交流センターが昨年実施したアンケートでは、
高速道路利用者のうち、ペット連れは、約21パーセントに上り、うち78パーセントが犬だった。
日本道路公団は全国六箇所のサービスエリアなどに「ドッグラン」の施設を整備されました。
座席に固定され、ご機嫌ななめだった愛犬も、自宅の庭よりも広い場所で走り回ればストレス解消と
言うもの。排泄物を捨てる専用のゴミ箱や、水のみ場のあるサービスエリアも増えています。

二泊三日以上の旅行なら片道5〜6時間は可能でしょう。しかし、こまめの休憩は忘れずに、
ワンちゃんのことを考えて、出来れば同じ宿に連泊をお薦めします。
宿によっては連泊のお得な格安プランを利用するのも懸命な計画です。
愛犬と楽しい旅、失敗しないワンちゃんとの旅のプランは、欲張らない、無理をしないが肝心です。
二度目、三度目に残しておきましょう。

お出かけ前の準備品
■日常使用品
  ごはん、おやつ、飲料水、食容器、遊び道具、足拭きタオル等
■トイレ用品
  トイレ、トイレシート、ふん取りナイロン袋、ウェットティッシュ、
■掃除用具類
  消臭スプレー、新聞紙、粘着ローラー等
■その他
  散歩用バッグ、ペット用雨具、ブラシ、リード、ケージ、長いロープ、応急セット、迷子札
  予防接種の証明書等
  自分のワンちゃんに必用な物を忘れずに!!